化粧水に含まれている「ビタミンC誘導体」って一体何?

ビタミンC誘導体

ニキビ肌用の化粧水によく配合されている成分の一つに、「ビタミンC誘導体」があります。

「ビタミンC誘導体」と「ビタミンC」はよく混同されがちですが、厳密に言えばこの2つは違うものです。

ビタミンC誘導体は、体内に摂取し酵素反応などが起きることでビタミンCとなるものです。

この形状をとっていることによるメリットは、誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率が格段に向上することです。
つまり、ビタミンCをそのままの形で摂取するよりも安全かつ多量に摂取することができるということです。

ビタミンCは健康に対して好影響が多いため色々な食品・薬用品・飲料などで見かけますが、そのままの形だと分子構造が不安定で壊れやすいため十分な量を摂取するのが難しいのです。

また、化粧水などの美容液にビタミンC成分を配合しても、皮膚は水溶性の成分を弾きやすいという特徴があるので、構造が水溶性ではない誘導体の形で肌に浸透させるのが好ましいといえます。

 

ビタミンC誘導体の効果

肌につけた当初はビタミンC誘導体の形を保ったままですが、しばらくすると新鮮なビタミンCとなって肌の奥の真皮まで浸透します。

ビタミンC誘導体は主に「リン酸Lアスコルビルマグネシウム」と「リン酸Lアスコルビルナトリウム」があり、これら2つともに、

  • ニキビ跡の赤みを防ぎ元の肌色に戻す
  • ニキビ跡の色素沈着を防ぎ元の肌色に戻す
  • ニキビ跡の凸凹クレーターを作りにくくする
  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • コラーゲンの発生を促進する

といった効果があります。

要約するとビタミンC誘導体を摂取することは現状のニキビ痕の進行・悪化を防ぎ、ゆっくりと治癒しながら、再発も同時に防ぐということです。
さらに美白効果も期待できます。

最後に、ニキビ跡やニキビで悩んでいる方におすすめできるサイトとして、実際に悩んでいる人の体験談を掲載しているサイトをご紹介します。
⇒ 『ニキビ跡の悩み K・Uさん(31歳) | 男女のお悩み系体験談』(外部サイトへ移動します)