発毛促進&脱毛防止が期待できる「ノコギリヤシ(ソーパルメット)」

育毛剤・発毛剤によく含まれている成分の一つに「ノコギリヤシ(別名:ソーパルメット)」があります。

これは乾燥地帯に生息するヤシ科の植物で、その植物から抽出されるエキスに発毛促進・脱毛防止効果があると言われています。

ノコギリヤシを摂取することで男性ホルモンを鎮静化させる効果に期待できます。

この鎮静化が育毛・発毛には重要なのです。

なぜなら男性ホルモンが過剰に分泌されると頭髪が薄くなり、逆に腕やスネの体毛が濃くなるといったように体質が変化してしまうからです。

これは医学的に判明していることであり、男性ホルモンの動きが活発な人――筋肉量が多い、エネルギッシュな人ほど頭髪が薄いという統計データも出ています。

 

ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシ(ソーパルメット)には、2つの効果を期待することができます。

まず1つ目は、ノコギリヤシ(ソーパルメット)に含まれている脂質が前立腺を刺激し肥大化させるはたらきです。

この前立腺肥大化により排尿障害や男性器の機能向上に効果があるといわれています。

そして、もう1つは抜け毛や脱毛を抑制する効果です。

男性の性機能を維持し性欲を増大する成分にテストステロンという成分があり、このテストステロンは前立腺の機能維持にも作用しますが、その作用の途中でテストステロンはジヒドロ・テストステロンという物質に変化します。

このジヒドロ・テストステロンには発毛・育毛を阻止し、抜け毛・薄毛を促進させるはたらきがあります。

つまり、前立腺を肥大させるには、抜け毛・薄毛を受け入れる必要があるということです。

しかし、ノコギリヤシ(ソーパルメット)を服用することで、前立腺の肥大化をテストステロンを介さずに行うことができます。

このことによりジヒドロ・テストステロンへの転換を抑えることができるので、結果的に抜け毛や薄毛の予防にもなるということです。