美白といえば「ハイドロキノン」

ニキビ用化粧水によく含まれている成分の一つに「ハイドロキノン(ヒドロキノン)」があります。

ハイドロキノンは美容形成外科や美容クリニック、エステサロンで処方されるのが当然となりつつある美白効果のある成分で、厚生労働省も認可している成分です。

医者が取り扱っている成分だけに肌への美白効果が高く、化粧水や美容液には必ずと言っていいほど含まれています。

この効力の高さから別名「肌の漂白剤」と呼ばれているほどです。

元々は軟膏やクリームとして販売されていましたが、今では化粧水や美容液といった使いやすい液状のもので提供されています。

また、ビタミンAと併用することで美白効果が増すことも判明しているので、ハイドロキノンだけでなくビタミンAも一緒に含んでいる製品が重宝されています。

ハイドロキノンの美白効果のポイントはシミやニキビの主な原因であるメラニンの動きを大きく抑制することにあります。

他にもメラニンの動きを抑制する成分は数多くありますが、ハイドロキノンよりもその作用が大きい成分は存在しません。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンの主な効果は「美白効果」です。

この効果はシミ予防成分である「βアルブチン」の約100倍と言われるほどで、シミやニキビ跡に悩む人は必須と言っても過言ではありません。

この成分を摂取することで美白のメカニズムは以下の通りです。

メラノサイトというシミの原因であるメラニンを作り出す細胞があるのですが、ハイドロキノンを摂取することでその細胞自体を減らすことができるので、結果としてメラニンの生成を減らすことができます。

また、チロシナーゼという酵素もメラニンの生成に大きく関与しているのですが、ハイドロキノンはこの成分の生成も抑制することができます。

シミ自体を薄くする効果もあるのでニキビやニキビ跡だけでなくシミも綺麗に消すことができます。